高松市花園町にあるヘアケアにこだわるiromikamiです。

 

夏本番。

日差しも日に日に強くなり、紫外線対策の製品が

たくさん発売されていますね。

紫外線は

シミ、シワ、光老化、皮膚がん、良性腫瘍、日光角化症、白内障

身体の免疫機能の低下などをまねいてしまう要因になりますが、

恐ろしいデメリットだけではありません。

殺菌作用やビタミンDを生成する作用があるのです。

 

 

ここでは紫外線とうまく付き合うための話を

しましょう。

 

日常生活をおくる上で、避けてとおることができない紫外線ですが、

対策としては

 

  • お肌の保湿をしっかりした上で日焼け止めを塗る。
  • UVカット加工のされたサングラスを用いる。
  • 衣類で肌を覆ったり、帽子や日傘を使う。
  • 紫外線量の多い時間帯の外出を控える。
  • 水分補給を忘れずに。

 

 

parasol-486963_1920

 

しっかりした保湿をおこなうことで肌のバリア機能を高め、

日焼け止めそのものによるお肌への負担を軽減します。

紫外線量は正午前後が強いため、外出の際には意識されると

良いかもしれませんね。